読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無申告は辛い

開業後10年以上も無申告、売上が上がってきたものの、税金をいくら取られるのか不安で10年以上経過。確定申告の事を考えるだけでストレスを感じ、勇気を出して過去の確定申告書に手を付けるが・・・・

無申告者が動きだす。 その弐 水道・光熱費・通信費

水道や光熱費、通信費用は、当然いい加減でしたので領収書などあるはずもありません。

何枚かの領収書はあったのですが、中途半端に合ってもどうしようもありません。

このような場合には、問い合わせで5年分東電東京ガス、水道局、電話会社に訪ねるしかありません。

電話番号を調べて電話し数年分を全て調べました。

このような事をいちいちするよりは領収書代わりに銀行引き落としにしておけば全て記録も一目瞭然です。

領収書がなくとも証明ができますので是非そのようにすべきだと思い、現在では全ての光熱費、通信費、水道代を銀行引き落としとクレジットカードからの引き落としにしています。