読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無申告は辛い

開業後10年以上も無申告、売上が上がってきたものの、税金をいくら取られるのか不安で10年以上経過。確定申告の事を考えるだけでストレスを感じ、勇気を出して過去の確定申告書に手を付けるが・・・・

無申告者が動きだす。 その四 貯金通帳とクレジットカード明細書

無申告者のみなさんこんにちは。

ドキドキしていますか?

ハッキリ言って過去の事を振り返りながら経費を計算したり、お金の出入りを確認する事はかなり疲れます。

とにかく判断できる材料を全て集める事から始めると楽です。

調べるにしたがって、過去の通帳が必要になったり、クレジットカードの記録が必要になってきますので、その都度調べるよりは最初から5年分まとめて全ての記録を取り寄せる事の方があとあと楽になると思います。

貯金通帳やクレジットカードも、銀行やクレジット会社に連絡して5年分取り寄せました。

仮に税務署に来られても証明するものが必要です。通帳も時々記録をしておけばよいのですが、いい加減な性格なので半年や一年間も記録しない場合もありました。

通帳も個人用と事業用、郵便通帳、ネットバンクの明細(ジャパンネットは5年間過去の記録がネット上でわかりますが楽天は数年しか見る事はできません)

いずれお金の出入りが分かるように、全て取り寄せておくことが大切だと思います。